献血ナースの残業 ここだけの秘話

opwiuehf

昼間の固定時間のみで働ける♪

opwiuehf

献血サービスで働く看護師は9時から17時までといった
昼間の固定時間
で働くことができます。

仕事は消毒、採血、アフターケアといった単純作業を
繰り返すことになるので人によっては辛い作業ですが、
 

単純作業が苦にならない場合には
シフト勤務も夜勤もありませんからおすすめです。

献血に来る人はサービス精神が旺盛な人が多いので、
ちょっとした世間話をしながら楽しく仕事をすることができますし、
 

採血に関してはプロフェッショナルといえるほどの腕前になりますから、
ちょっと腕を見ただけでどこにハリを指せばいいのかが
わかるほどベテランの領域に達することができます。

 

 

時間外手当は出る事もある

センターなど専門機関の場合には通常残業は発生しませんが、
バスなどで巡回している場合には
早出や残業が発生する場合があります。

その時は時間外手当として法定通り支払されることになります。
 

病棟で看護婦として働いているのと同等のお給料になりますが、
夜勤手当が少なくなる分手取りが低めになることになります。

巡回バスの場合には遠方である場合や、
予定通り終わらない場合も多くなります。
 

センター施設での勤務であれば
時間通りの勤務が可能になりますが、求人数が少な目であることと

待遇がよいことから
なかなか欠員募集がでないということがあげられます。

 

 

残業が無いことは利点なのか

dsfjijfsd

献血センターでは、
輸血用血液の採血業務を担当する看護師を募集しています。

この業務には、採血者の事前問診検査と採血に伴う
採血装置の操作、パソコン操作等事務作業、
器材管理を行える等の臨床経験を有する
 

専門職の知識がある方を必要としています。

この募集では、応募者の要望を聞き取ることが必要です。
勤務時間等待遇欄に、残業有無の記載があります。
この超過勤務への対応度と要望で採用者が決まる傾向があります。
 

子育て中の若き女性看護師にとり、
無料託児所等の施設がなければ、
子育てと超過勤務の両面への対応は難しいのです。

子育て中の身では、残業が無いことは利点になりますが、
病棟勤務と異なり各種手当が無い点で、
給与収入額を考えている世代には、不向きになります。

 

 

超過勤務はありません

また、この献血センターでの業務は、
健康な人との問診と採血と健康アドバイスのみになる為、

病棟勤務で求められる緊急性が無いことで
仕事の負担は軽いと言われていますが、
看護スキルの向上にならない点があります。
 

その為、超過勤務等各種手当や看護スキルを求めない、
資格を活かしても仕事の負担が軽いことを希望する
子育て中の女性に喜ばれる仕事です。

しかし、子育てが一段落すると採血職を辞してしまう為、
離職率も高い職場になっていて、
人材募集を続けなければならない事情があるのです。

 

 

Tags : ,