公務員以上の給料となることも・・・

nfuht

nfuht

献血関係の看護師の年収はどの程度なのでしょうか。
献血看護師の給料は、都道府県庁の給料に準じることが多いんです。

そもそも献血を促したり、
その輸血のために医療機関に配布したりすることは、
各都道府県に一つはある赤十字関係のセンターとなります。

 

これは、都道府県が大きく関与しているために、
人員の給料もそれに準じるケースがあるんですね。

毎年定期昇給がなされ、公務員とほぼ変わらない場合もあります。
場合によってはそれよりも高くなるという場合もありますよ。

 

ですので、正社員で採用されたのであれば、
相応の給料が支払われる可能性が高くなりますよ。

毎月の給料以外では、6月と12月頃に支給されるボーナス(賞与)も、
公務員と同様に支給される場合があります。

 

ですので、給与形態は公務員とほぼ変わらないという話がありますよ。

また、公務員の給料は、行政職(事務職)と、
医師・看護師などに適用される医療職とでは、

給料にもともと差がありますので、
事務職などよりも高い給料となる場合が多いんです。

 

その他役職があるという人であれば、
それに応じて役職手当なども支給されますし、
交通費なども支給されますよ。

 

 

Tags :

献血看護師は夜勤が無いのに高収入!?

rhyuwet

rhyuwet

看護師という仕事は、
全体的に給料が高めだと言われていますよね。

専門職ということや、夜勤があるということもあり、
体力的にも厳しくなる仕事です。

 

ですが、給料としては生活していくために安定しているとも言えます。
献血センターの給与形態は、他の病院などとあまり変わりはありません

勤続年数が長くなるにつれて、
給料も高くなっていくというところが多いんですよ。

 

年収としては、賞与などもある場合、
初年度に約350万円前後となるところが多くなっています。

初年度に月に25万円程度はもらえることになりますので、
やはり安定していると言えますよね。

 

勤続年数が3年以上となると給料も上がり、
年収が500万円近くまで上がるということも珍しくないんです。

このように、給料は安定しているのですが、
献血センターで働く事には他にもメリットがあるんですよ。

 

夜勤が無いところが多いというのが大きなメリットであり、
体力的に他の病院よりも楽だという事が言えます。

病院の給料と基本は同じなのですが、夜勤手当が無いということで、
総額は病院勤務の看護師よりも低くなります。

 

スキルアップも難しいということもありますが、
育児中などの看護師にとってはとても働きやすい環境となっています。

 

 

Tags :

献血看護師のやりがいと魅力!

mfnuiht

mfnuiht

献血センターや献血車両などで勤務する看護師は、
主に日勤のみとなることが多くなります。
専門のスタッフが単発で入ることもありますよ。

ブランクのある看護師でも就職することが出来ますので、
現場復帰のために経験を積んだりするために働く看護師も居ます。

 

この仕事のやりがいは、手術の現場で医療を支えるだけではなく、
手術や血液製剤を作るために必要となる血液を集めるために
貢献できること、患者さんに間接的に貢献できること、などが挙げられます。

看護の現場での経験を、しっかりと世の中のためにいかすことが
出来ますので、毎日の少しのことであってもやりがいを感じる事が出来ますよ。

 

特に、センターに訪れる人々の優しい気持ちに触れる事が出来ますので、
悲しい気持ちになることなく仕事が出来るという点も、
魅力の一つだと言えます。

お金が直接介在しないこと、人々の良心や助け合いの心などを
感じながら仕事が出来ますので、
病院勤務よりも気持ちよく働けるんですね。

 

病院勤務では全力を尽くしても助ける事ができない命もあります。
ですが、献血の仕事ではそのような悲しみを背負う事も無く、
ストレスも最小限に抑えて仕事をすることが出来ますよ。

日勤でも拘束時間は長くありませんので、
副業感覚で仕事に取り組めるという点もとても魅力的ですよね。

 

 

Tags : ,

献血看護師には出張があるって本当?!

mfiuwht

mfiuwht

各都道府県には献血を行う法人団体があり、
その出先事務所を都市部に配置して献血を呼びかけています。

そのようなところで働く看護師は、
ほとんど日勤のみの仕事となっていますよ。

 

ただ、その勤務は早朝からとなることも多く、
就労する地域によっては帰りも遅くなることがあります。

ただ待っているだけではなかなか献血に協力してもらうことが
出来ないこともあり、専用の車両で出張し、商業施設や市役所など、
人の出入りが多い場所に赴くことも多いんですね。

 

ですので、早朝から出勤して準備を行い、車両で移動し、
夕方近くまで受付を行って後片付けをし、
事務所に戻るという流れになります。

出張が多くあるというわけではないのですが、
出張日にはかなり忙しくなりますので、
ばたばたと動き回る事も多くなります。

 

ただ、それ以外の場合には、
朝は一般の会社員や公務員と同じように出勤して、

夕方まで勤務するという事になりますので、
その点では働きやすい環境とも言えます。

 

不規則な勤務となることがそれほど多いわけではありませんし、
夜勤などが無いということで、安定して働きたい看護師にとっては
とても良い条件となっていますよ。

 

 

Tags :

献血看護師の求人は多い?内容は?

muihewt

muihewt

看護師が活躍する場は医療機関に留まらず、

最近では介護業界などでの活躍も期待されていますよね。
その中で、献血を行う現場からの求人も多くなっているんです。

献血の現場での仕事は、ドナーの方から血液を採取する
という重要な業務であり、注射をすることに抵抗がなく、
適切な処置を行える看護師が向いています。

このような現場の求人は、
血液センターから出されていることが多いんですね。

内容としては、正社員で月20万円程度となっており、
そこに手当が支給され、
勤務時間は約8時間程度、夜勤は無しとなっています。

夜勤が無いということで、
育児中の看護師にとってとても働きやすい環境だと言えますよね。

また、出勤時間に関しても、朝9時半くらいからという募集も多くあり、
朝忙しい看護師でも余裕を持って職場に向かう事が出来ますよ。

休日については、年間で120日以上となる職場が多いので、
休みもしっかりと確保することが出来ます

血液センターからの募集は、正社員だけではなく、
パートでの募集も多く見られます。

給料については日給制となっているところが多く、
1日に約8,000円程度が相場です。

勤務時間や休日などは、
正社員と比べてかなり余裕のあるものとなっていますよ。

Tags :

献血看護師にはどんな人物が求められているの?

hethwehe

hethwehe

献血ルームの看護師求人では、腕から最適な血管を探し、
素早く注射針を刺せるかどうか。
という部分が看護師に求められています。

血液提供者となってくださるドナーの方の中には、
血管が細い人や、厚い脂肪で血管が見えづらい人、
その両方を兼ね備えている人など、様々な方がおられますよね。

 

そのような方々の血管を上手く探し出す事ができずに、
何度も針を刺したり、失敗を繰り返すような看護師は、
この職場に向いていないと言えます。

ですが、実践を繰り返すうちに、
次第に上手になっていくものでもあります。
採血の作業に苦手意識が無い看護師であれば、大丈夫ですよ!

 

さらに、献血ルームではドナーの方との
コミュニケーションが必要となります。

最初の問診や、採血中の体調の確認、採血に不安を抱える人への対応など、
様々な場面で会話を行うことになります。

 

人との会話に苦痛を感じるような看護師は、
コミュニケーションがとれるように努力しなくてはなりません

とはいえ、
これはどのような職場であっても共通して必要となるスキルですよね。

 

また、急にドナーの方の気分が悪くなり倒れてしまった場合などには、
看護師として冷静にテキパキと動く機敏さや、
判断力といったものが問われます

また、大事な血液を預かるという責任感も必要となりますよ。
整理整頓を常に意識し、その都度決められた場所に保管する
という事が出来る看護師が求められています。

 

 

Tags :

献血看護師にも夜勤や残業はある?

tgwgww

tgwgww

献血を専門とするセンターや、
クリニックで併設して献血を行っている場合では、
勤務体系や待遇が異なります。

専門のセンターでは、日中の勤務が中心となり、
残業などはほぼありません
ですが、移動車両となる場合には残業が発生することもありますよ。

 

専門のセンターは自治体が経営していますので、
公務員に準じた給料となっています。

ですが、クリニックでサービスを行っている場合には、
普通の勤務にプラスして献血を行うことになりますので、
夜勤や残業もありますし、病棟勤務の場合も考えられますよね。

 

どちらにせよ、法定休日はしっかりと確保されますし、
シフトを組む際にはあらかじめ申請しておくと、
希望の日に休む事も出来ます。

もちろん急病や緊急の場合には有休を取得することも出来ますし、
病休も取得できますので安心です。

 

専門のセンターの方が、休みはとりやすいということが言えますが、
看護師のキャリアを考えた場合には、
病院や病棟で経験を積むほうがいいとも言えます。

復職したい場合であっても、病棟勤務の経験があるほうが、
仕事を探しやすくなりますので有利となりますよ。

 

専門のセンターと同様に、スポーツジムで健康管理の仕事を行うことも、
プライベートを確保しやすい働き方です。
ですが、将来自分がどうしたいのかという事を考え、その上で決定することが大切です。

 

 

Tags : , ,

献血看護師の休日ってどうなっているの?

ghouabdan

ghouabdan

献血ルームに来てくれる健康な方のおかげで助かっている患者さんは、
とても多くおられます。

今でも血液は足りないのですが、
採血をする看護師が休み無く働き続けなくてはならないという事ではありません。

 

通常、一般企業の会社員と同じように、
週休2日を取得できるようになっていますよ

暦上の休日は献血ルームが開いていますので、
その日は看護師も出勤となることが多くなります。

 

一般企業に勤務する人は土日に休みとなることが多くなりますので、
そのような人たちが通いやすい環境にするため、

土日に休む事は出来ないんですね。

 

看護師の国家資格を所持しながらも、
サービス業のように他の人が休んでいる日に働かなくてはならないので、
大変に感じるかもしれません。

ですが、この職場は残業や夜勤などがほぼ無いというメリットがあります。

 

病院勤務とは異なり、健康な方の血液を採取する仕事ですので、
営業時間外にドナーの方に接触する機会はありません。

定休日があるところでは、決まった曜日などに休む事が出来ますので、
旅行や買い物などの計画が立てやすくなりますよ。

 

こどもや一般企業の人とは違うタイミングでの休日となりますが、
年間のトータル勤務数は、他のサービス業とさほど変わりはありません

 

 

Tags : ,

献血ナースの残業 ここだけの秘話

opwiuehf

昼間の固定時間のみで働ける♪

opwiuehf

献血サービスで働く看護師は9時から17時までといった
昼間の固定時間
で働くことができます。

仕事は消毒、採血、アフターケアといった単純作業を
繰り返すことになるので人によっては辛い作業ですが、
 

単純作業が苦にならない場合には
シフト勤務も夜勤もありませんからおすすめです。

献血に来る人はサービス精神が旺盛な人が多いので、
ちょっとした世間話をしながら楽しく仕事をすることができますし、
 

採血に関してはプロフェッショナルといえるほどの腕前になりますから、
ちょっと腕を見ただけでどこにハリを指せばいいのかが
わかるほどベテランの領域に達することができます。

 

 

時間外手当は出る事もある

センターなど専門機関の場合には通常残業は発生しませんが、
バスなどで巡回している場合には
早出や残業が発生する場合があります。

その時は時間外手当として法定通り支払されることになります。
 

病棟で看護婦として働いているのと同等のお給料になりますが、
夜勤手当が少なくなる分手取りが低めになることになります。

巡回バスの場合には遠方である場合や、
予定通り終わらない場合も多くなります。
 

センター施設での勤務であれば
時間通りの勤務が可能になりますが、求人数が少な目であることと

待遇がよいことから
なかなか欠員募集がでないということがあげられます。

 

 

残業が無いことは利点なのか

dsfjijfsd

献血センターでは、
輸血用血液の採血業務を担当する看護師を募集しています。

この業務には、採血者の事前問診検査と採血に伴う
採血装置の操作、パソコン操作等事務作業、
器材管理を行える等の臨床経験を有する
 

専門職の知識がある方を必要としています。

この募集では、応募者の要望を聞き取ることが必要です。
勤務時間等待遇欄に、残業有無の記載があります。
この超過勤務への対応度と要望で採用者が決まる傾向があります。
 

子育て中の若き女性看護師にとり、
無料託児所等の施設がなければ、
子育てと超過勤務の両面への対応は難しいのです。

子育て中の身では、残業が無いことは利点になりますが、
病棟勤務と異なり各種手当が無い点で、
給与収入額を考えている世代には、不向きになります。

 

 

超過勤務はありません

また、この献血センターでの業務は、
健康な人との問診と採血と健康アドバイスのみになる為、

病棟勤務で求められる緊急性が無いことで
仕事の負担は軽いと言われていますが、
看護スキルの向上にならない点があります。
 

その為、超過勤務等各種手当や看護スキルを求めない、
資格を活かしても仕事の負担が軽いことを希望する
子育て中の女性に喜ばれる仕事です。

しかし、子育てが一段落すると採血職を辞してしまう為、
離職率も高い職場になっていて、
人材募集を続けなければならない事情があるのです。

 

 

Tags : ,